グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

TAについて

〇TA制度の目的

 TA(ティーチング・アシスタント)制度とは,優秀な大学院生に対し,教育的配慮の下に,学部受講生等に対する助言や実験,実習,演習等の教育補助業務を行わせる制度を指します。TA制度は,次の目的で作られ,運用されています。

 ①授業が受講生にとってより一層きめ細やかな充実したものにするといった教育の質向上

 ②将来大学教員・研究者となるTAが教育実践に関わるといった予備大学教員としてのトレーニング

 ③教育補助業務に対する対する手当の支給による経済的支援

  
 参考:TA・SAハンドブック

 

〇TAの役割

 TAは,授業を担当する教員の教育的配慮のもと,各授業において授業が円滑に進み,クラス全体の学び,受講生ひとり一人の学びが豊かになるように,教員の教育活動及び受講生の活動に対するサポートを行います。また,教員と各受講生の間の円滑なコミュニケーションを促すといった,大事な役割を担っています。TAは,正式に登録された科目において様々な形でかかわることが可能です。具体的な業務内容は各教員によりさまざまですので,教員と事前にしっかりと打合せを行ってください。授業後には,より良い授業を作っていくために,また,TAを務める自信の成長のために,業務を行うことが推奨されます。

 

【TA研修について】

〇令和4年度TA研修(前期)について
 オンライン研修の実施期間: 令和 4 年 4 ⽉ 4 ⽇(⽉)〜 5 ⽉ 10 ⽇(火)
 Moodle3.5オンラインTA研修コース

〇令和4年度TA研修(後期)について
 オンライン研修の実施期間: 令和 4 年 10 ⽉ 3 ⽇(⽉)〜 10 ⽉ 31 ⽇(月)
 Moodle3.5オンラインTA研修コース